やりかた

清見町
『三角と四角の家』
やり方が出ました

20131115-204629.jpg

暗くてよくわからんですが。

要するに建物の位置出しと地盤の高さの確認です。

これに習って建物を建てて行きます。

そして
地盤調査の結果、この土地は地盤に不安があると出たので、地面に杭を打って地盤の補強をします。

杭っつっても、直径20cmの長さが5mです。

すごいですよね。
5mも地面に埋まっちゃうんですから。

これによって、地盤沈下で家が傾いちゃう心配は無くなります。

その後に基礎工事が始まります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です