ピッタリ

ギリギリよりも

余裕をみるよりも

ピッタリが美しい。

ピッタリ

納まりから構造を考えてますが

始まるまで悩みと不安が尽きません。

いつも細かいところをラフに描いてから本格的に構造書き出しますが、やればやるほど不安材料が出てきます。

検討は続きます。